2017年10月07日

師の後を追う

工芸展行ってきました。

師の後を追う作品を見て、自分の姿を重ねてしまいました・・・
分野は違いますが、師の後を追う事ってこんな姿なんだ・・・と客観的に見られたように思います。
出来上がってる作品は、師の足元にも及ばなくても、
師の作り出す形が好きで、近づきたいと思い精進する。
どんどん追いかける中で、自分の形が見えて来る・・・
それが先代の形を受け継ぎながら、自分の作品を作る事なのかもしれません。

私の師匠は私の仕事を褒めてくれません。
師匠の師匠も同じく褒めてくれなかったようです。
でも、弟子の作品を見るとホッとすると言ったそうです。

そうゆうものかもしれない・・・と思う工芸展でした。
posted by たづこ at 22:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: