2017年10月10日

ちくちく…

袋物の仕事をしてると、ほんの少しだけこの色の平絹が欲しい…って事があります。
古い着物の裏を解いて使う事もしばしば。
でも表の布は使わずに残ってしまって…

手織りの素朴な紬だったりすると、もう愛おしくて!
解いて洗って布に戻しておきます。
夕飯の後に、ちくちくと自分のブラウスなんぞ縫っております。
仕覆ではなくて、被服です。
洋裁のレベルは中学生の家庭科レベルから上達してませんので、かなり大変…(^^;
でも自分で着るので、マアいいかなぁ…と思って縫っています。
IMG_1989.JPG
posted by たづこ at 21:33| Comment(0) | 日記

2017年10月07日

師の後を追う

工芸展行ってきました。

師の後を追う作品を見て、自分の姿を重ねてしまいました・・・
分野は違いますが、師の後を追う事ってこんな姿なんだ・・・と客観的に見られたように思います。
出来上がってる作品は、師の足元にも及ばなくても、
師の作り出す形が好きで、近づきたいと思い精進する。
どんどん追いかける中で、自分の形が見えて来る・・・
それが先代の形を受け継ぎながら、自分の作品を作る事なのかもしれません。

私の師匠は私の仕事を褒めてくれません。
師匠の師匠も同じく褒めてくれなかったようです。
でも、弟子の作品を見るとホッとすると言ったそうです。

そうゆうものかもしれない・・・と思う工芸展でした。
posted by たづこ at 22:32| Comment(0) | 日記

伝統工芸展へ

午後からお茶の先生と一緒に待ち合わせして出掛けます。

昨日待ち合わせ場所のカフェを調べて、先生へお伝えしたところ、
「その場所、書店に変わってると思いますよ・・・」ってお返事。
しかも何年も前に!
私は、いったいいつの時代に暮らしてるのか・・・
町の変化の速さに付いて行けないのです。
(まあ、今始まった事じゃないですが・・・)

さて、伝統工芸展ではどんな作品に出会えるのでしょうか!
伝統的な手法のものつくりの中に、どんな創作が見られるのか楽しみです。
行ってきます!
posted by たづこ at 12:06| Comment(2) | 日記

2017年10月03日

日本伝統工芸展

明日から、名古屋栄三越にて、「日本伝統工芸展」始まります。
会期は、10月4日(水)〜9日(月・祝日)です。

私このブログで、茶箱展致しますの呟きしたようなしないような…
そろそろちゃんとお知らせしないといけませんね。
平成31年春(多分5月)の茶箱展、そのメンバーは皆さん今回の工芸展で作品並んでます。
初日には伺えなくてごめんなさい…ですが、土曜日には必ずお祝いに伺います!

皆さま!お出かけの折には、是非!日本伝統工芸展ご覧下さいIMG_1985.JPG





posted by たづこ at 22:44| Comment(0) | 日記

2017年10月02日

帯締め

最近帯締め組んでないので…モタモタ…

帯締めご注文頂く方は、帯との添い方とかとても拘りの方が多いのです。
ですから作り置きしている帯締めは殆どありません。

それでも、折角組紐の仕事しておりますので、帯締めお見せできるといいなぁ〜と思ってはおります。
そこで、考えました。

「祝い締」と題して帯締めの準備しようと!

この仕事始めてから、ずっとレシピ残しております。
その中から、お祝いの場面で活躍するものを作ってみようと思って、引っ張り出してみました。
職人さんのお稽古も兼ねて色々試してみましょう!
IMG_1976.JPG
posted by たづこ at 21:03| Comment(0) | 日記